子宮筋腫の治療方法を大公開!子宮筋腫改善の秘訣とは?

子宮筋腫とは?

成人女性の実に20%から30%が
子宮筋腫を持っているといわれています。

 

子宮筋腫は、子宮にできる良性腫瘍です(腫瘍は、体の細胞とは
異なった、独立した増殖する細胞のかたまりです。コブのような形を
しています。)

 

子宮筋腫があっても自覚症状がないため、
婦人科検診などで発見される場合が多いです。

 

また、月経痛がつらい場合、月経の量が多いなどで受診し
子宮筋腫であると診断される方もいます。

 

  • 30歳以上の女性のうち20〜30%
  • 35歳以上の女性のうち40〜50%

 

の方に子宮筋腫があるといわれているので、
今やめずらしい病気ではありません。

 

最近では若い女性の筋腫も増加しています。

 

このサイトでは、そんな子宮筋腫に関する情報をわかりやすく
まとめてご紹介しています。

 

子宮筋腫の種類について

 

子宮筋腫は、子宮のどの場所に筋腫ができるかによって
いくつかに分類されます。

 

1.筋層内子宮筋腫(きんそうないしきゅうきんしゅ)

 

筋層内子宮筋腫は、子宮のあつい筋層にできる筋腫で
わずらっている方が最も多い種類の子宮筋腫です。

 

2.漿膜下子宮筋腫(しょうまくかしきゅうきんしゅ)

 

漿膜下子宮筋腫は、子宮の外側をおおっている漿膜の下部分に
できる筋腫です。

 

3.粘膜下子宮筋腫(ねんまくかしきゅうきんしゅ)

 

粘膜下子宮筋腫は、子宮内側にある粘膜の下部分にできる筋腫です。