卵巣嚢腫の治療方法を大公開!卵巣のう腫改善の秘訣とは?

卵巣嚢腫の治療方法を大公開!へようこそ!

卵巣は人の体の中でも最もさまざまな種類の腫瘍が出来る臓器です。

 

広い意味での卵巣嚢腫はえきたいが卵巣の中に溜まった
「貯留嚢胞(ちょりゅうのうほう)」といわれるものと
「腫瘍」に分けることができます。

 

しかし、貯留嚢胞は数カ月で自然になくなるということが多く、
本来の意味での卵巣嚢腫ではありません。

 

一方で、腫瘍は卵巣の中に液体のみが溜まった状態の腫瘍である
「嚢胞性腫瘍」とかたまりがある腫瘍である「充実性腫瘍」に
分けられます。

 

このうち卵巣に出来た良性の嚢胞性腫瘍を「卵巣嚢腫」と言います。
なお、卵巣嚢腫は卵巣腫瘍全体のうち約8割を占めています。

 

主だった卵巣嚢腫には、さらさらした液体がたまった
「漿液(しょうえき)性嚢胞腺腫」と
どろどろした粘液がたまった
「粘液性嚢胞腺腫」と
脂肪・歯・髪の毛などが詰まった
「成熟嚢胞性奇形腫」の三種類があります。

 

また、子宮内膜症で出来る
「卵巣チョコレート嚢胞」も卵巣嚢腫ひとつとして扱われます。

 

当サイトでは、上記でご紹介した卵巣嚢腫の症状や原因、
手術に至るまで必要最小限の情報を医療の素人の方でも
わかるようにわかりやすくまとめてあります。

 

卵巣嚢腫の疑いがある方、身近な人が卵巣嚢腫を患っており
その知識を得ておきたいという方、ぜひ当サイトで勉強して
みて下さい。